こんにちは。編集長です(https://twitter.com/YAMATO22224

日本にいると海外に住むことに対して憧れのようなものがあるかもしれません。

しかし、日々仕事の都合上「良いことばかり」をFacebookやInstagramにUPしている編集長ですがそんな都合よいことばかり起きるはずもなく・・・

今回は、「アフリカで生活している編集長が苦労しているこ」と題してアフリカで済む上での”闇TOP3”をあなたと共有させて頂き、アフリカで生活するということの実態を少しばかり共有させて頂ければ幸いです!

アフリカに住んで最も苦労することベスト3位を発表!

さて、それでは早速ランキングを見ていきましょう!

ベスト3位:時間が守られない!

これはもしかしたらあるあるなのかもしれませんが、毎度物事が時間通りに進まないと言うものはことのほかストレスがたまるものです。

特には、そんな約束してない!なんてしらを切られることも珍しくありません(泣)

よく言えば、“ゆっくりした時間”なのかもしれませんが、大切な仕事や何らかの責任を背負っている時にこれをされると本当に叫びたくなる気持ちをため息に変えて制御するしかありません。


ベスト2位:仕事の精度が低い!

2つ目は確認を繰り返して完璧だと思って依頼した様々なものが想像をはるかに超えるクオリティの低さで提供してくることです。

それだけならまだしも、自信満々の慢心した顔でそれを提供された日には平静を保ちながらも結構リアルに失神しそうになります。

文句をいうとお決まりの言葉たちが返ってきます!

それは、

✔これがアフリカだ!
✔忍耐強くなきゃだめだ!
✔ウェルカムトゥーアフリカ!

これだけならまだしも時には、

そこまで文句を言うならお前が俺を成長させなければならない!

などと意味不明なことを言ってくる始末です・・・(トホホ)

さすがにこの時はかなりの口論になりましたが(猛省)

いずれにせよ、本気で良い仕事を期待したときにそれを遥かに上回るクオリティの低さで返されることはよくあります。

ベスト1:街を歩いているとからかわれる!

街を歩いているとよくわからない輩から急に絡まれることは日常茶飯事です。

彼らの上等文句は、

「チョンチャンチン!」

などと中国語をアレンジして馬鹿にしたような口調で話しかけてくることがあります。
これも笑って見過ごせるときとブチ切れてしまうときと様々です。

俺たちは人種差別されてきた被害者だ!

とか胸を張って言っておきながら同じことをしているのに・・・(悲)

これに対する良い対策法を知っている人いたら教えてください!


最後に・・・

アフリカで生きていくということは、なかなかストレスがたまります。
それらを上手く流す術がなければ恐らく頭がおかしくなってしまうことでしょう。(涙)

これは恐らく旅行やボランティアでいる人にはなかなか理解してもらえない気持ちかもしれませんが、アフリカで何かをしたいと言う人たちはきれいごと抜きにこの「強烈なストレス」との闘いをまず乗り越えなければならないのだと思います。

はぁ~もっと器が大きな人間ならな・・・

と何度感じたでしょうか。

しかし、これも大きく成長することができるチャンスかもしれませんね!

サッカーの選手も指導者も「ストレスやプレッシャーへの対処」は非常に大切なものでからね。

というわけで、今後週に1回ほどアフリカで実際に仕事や生活をする中で見えてくる困難や問題、逆にいい所を連載していきたいと思います!


お知らせ!

編集長が代表を務めるNGOジンバブエ侍フットボールプロジェクトがジンバブエでサッカーアカデミーを設立しました!

ジンバブエ侍フットボールアカデミー(ZSFA)とは?

ジンバブエ侍フットボールアカデミー(ZSFA)とは、「ジンバブエの厳しい環境下にいる子供達の可能性を広げる」ことを最大の目的として2018年に設立されたサッカーアカデミーです。

その最大の特徴は、編集長が4年間の間にアフリカ5ヵ国3000人以上の子供たちを指導する中で「アフリカ人の身体能力×サッカーIQ×日本人のメンタリティ」を最も効率的に落とし込むことができる「ZSFAメソッド」を使ったトレーニングだと言えるでしょう。

この“ZSFPメソッド”を通してジンバブエから世界で活躍できる選手の育成を目指します。

☆詳しくはこちらから!☆
↓↓↓

ご連絡

アフリカサッカージャーナルにおいても編集長の豊富なクラブ間、個人間の“人脈”を活かして有望な選手やクラブ間提携のお手伝いをさせていただくことが可能です!
ご興味ある方は是非こちらから!

★アフリカ選手・クラブ調査・紹介サービス

【AFRICA-SOCCER-JOURNAL公式スポンサー】
ライティング事務所PORKSTAR


【編集長が代表を務める国際NGO】
【ジンバブ侍フットボールプロジェクト(ZSNP)公式HPはこちらから!】