アフリカで最も成功しているアカデミーオーナー。

そんな呼び声が高いのがケニアの首都ナイロビにあるLIGINDOGO。

2002年にたった20数人でスタートした街クラブも今(2018年)では在籍選手400名を誇り、ヨーロッパからも一目置かれるマンモスアカデミーに進化した。


(子供たちの様子)

有名なOBとしては、元マンチェスターシティで現在スペイン1部リーグのセルタに所属するスゥエ―デン代表のヨン・グイデッティや、現在中国1部でプレーするティムデ選手がいる。

それだけではない、現在ケニアU-17 代表を4名も抱えるなどその勢いはとどまるところを知らない。

料金の未払いなどでサッカーのアカデミー経営が“最も困難”と位置付けられているアフリカにおいて、LIGINDOKOの敏腕オーナーはどのようにここまで導いてきたのか。

今回は、インタビュー形式でその手法に迫っていく。




独占インタビュー開始!

編集長編集長

今回は、いろいろ話を聞かてくれるという事でよろしくお願いします。
まずは自己紹介をしてくれますか?

クリスクリス

OK。名前はクリス。LIGINDOGOのオーナーをしてる。

編集長編集長

LIGINDOGOはいつ頃設立されたの?

クリスクリス

2002年だよ。

編集長編集長

どうして設立しようと思ったの?

クリスクリス

俺はそれまで会社のスポーツ関係のマネジメントをしていた。それこそコカ・コーラやその他の大手企業のスポーツを通じたプロモーション活動を誘致していたんだ。でも、大手企業などは1年か2年ですぐに目移りして他のことを始めてしまう。継続的な支援にはならない。そこで俺自身がアカデミーを立ち上げて継続的にスポーツでの子供の育成に取り組むことにしたのさ。

編集長編集長

なるほどね。最初は何人くらいいたの?

クリスクリス

最初は20人。今では400人以上いるけどね!(笑)

編集長編集長

そこまで会員数を増やすことができた秘訣は何!?

クリスクリス

そうだなー。秘訣は3つだな。
1. しっかりとしたコーチを連れてくること。
2. しっかりとした場所と道具を準備すること。
3. そして、全員が家族のように思える環境を作ること。
これに尽きるな。
この3つの条件がそろっているアカデミーはほぼない。つまり他のところにはない魅力となる。よって、宣伝費を賭けなくても「口コミ」で選手は集まってくるのさ!

編集長編集長

コーチはどうやって集めてきたの?

クリスクリス

俺がすべて自分で連れてきた。時には遠くにリクルートしに行ったっこともあるぜ。
今では優秀なコーチが20人以上いるぜ。

編集長編集長

場所はどうやって確保したの?

クリスクリス

実はこの場所は借地なんだ。でも月10万円で借りれるとしたら安いもんだろ。


(グラウンドの様子)

編集長編集長

なるほど。会員の月謝はいくらくらい?

クリスクリス

月に3000円だ。

編集長編集長

コーチの給与いくらくらい?

クリスクリス

1万円から10万円まで。その能力、働く頻度によって契約内容は変えてあるぜ。

編集長編集長

LIGIはTOPチーム(現3部)があるけど将来的にはKPL(ケニアプレミアリーグ)入りを目指しているの?

クリスクリス

勿論。3年以内には実現させたいね。

クリスクリス

あなたのそのエネルギーはどこから湧いてくるの?

クリスクリス

常にオープンで、いろいろな明るいイメージをすることかな。

編集長編集長

LIGIを一言でいうと?

クリスクリス

スペインのようなテクニカルなサッカーをする家族同然のチームといったところだな。
俺たちは、ケニア人だが、スペインのサッカーを目指している。やってる選手も、見ている選手も楽しくなったら最高だろ!

編集長編集長

そうだね。今回は貴重な対談をありがとう!最後に何かある?

クリスクリス

是非、日本のチームと試合をしてみたいな。いつでもウエルカムだぜ!

最後に

明るい態度や表情とは裏腹に思慮深い一面が経営者としての顔なのだろう。
常に周囲に慕われるリーダーは、まだまだケニアサッカー界に新しい風を吹き込みそうである。

編集長編集長

アフリカでのサッカーチーム経営のプロの金言ですね。