近年サッカーの急速な発展を遂げ、ヨーロッパ諸国からの熱いまなざしを受けている国がウガンダである。

今回は、そんなウガンダサッカーに大きな影響を与えているアカデミーをご紹介!

エドガーユースプログラムとは?

エドガーユースプログラムとは、ウガンダサッカー協会CEOのエドガー氏が2004年に設立したNGOで、スポーツを通して子供たちの健全な育成に寄与することを大きな目的としている。

エドガーユースプログラムは、

1. すべての子供にサッカーをする機会を提供する
2.スポーツを通してけがを防ぎ、子供たちの健康的な生活を促進する
3.スポーツを通して子供たちの自立を促す

を3つの柱として活動を行っている。


(トレーニングの様子)


(きれいな事務所)

エドガーユースプログラムはU-5~Topまでのあらゆるカテゴリーを保有し、トップチームはウガンダ3部リーグに所属する。

子供たちの会費は日本円で約1500円。800人以上の会員がいることから運営も上手くいっていると考えられる。

自前のグランドを持たないが、私立高校の質の高いグランドを借りているために今のところ支障はない。

設立者であるエドガー氏は、


(エドガー氏)

自前のグランドと、選手が寝泊まりできる宿舎を完成させ、より多くの子供たちをしっかりと育成したい

と将来を見据える。

エドガーユースプログラムが今後、ウガンダサッカーに大きく寄与していくことは間違いなさそうである。

【エドガーユースプログラム基本情報】

場所 ウガンダ、カンパラAGAKHAN HIGH SCHOOL
設立 2004年
代表 エドガー
カテゴリー U5,U13,U15,U17,U20,TOP
会員数 800名
月謝 1500円
HP http://edgarsyouthprog.org/news/



【AFRICA-SOCCER-JOURNAL公式スポンサー】
ライティング事務所PORKSTAR